札幌の体感気温と服装(ファッション)5月下旬~6月上旬


5月下旬から6月上旬にかけての気温と服装について報告。

以下は5月28日に撮影した大通公園です。

※参考:ライラック祭り特集

日中は薄手の長袖シャツ

この日の札幌はほぼ快晴。一時、お天気雨ポツポツ降ったけどすぐに回復。

市民のファッションをリサーチしてみると、半袖1枚の人、長袖の人が混ざっていました。

半袖Tシャツ一枚の人もいる

割合でいうと長袖7割、半袖3割ほどだと思います。

長袖でも薄手のシャツにジャケットと全体的に薄着な格好でした。

男性の場合、ジーンズにポロシャツ、Tシャツ。

女性の場合、スカートorパンツにカーディガン。

みたいなイメージです。

5月、6月の気温と服装

半袖、ハーフパンツと手足出して歩いている女性の姿も。

ほぼ初夏の服装ですね。

リアルな体感気温

自分が感じたリアルな体感気温をお伝えします。

  • 日中でも風は冷たい
  • 半袖だと若干寒い
  • 夕方~夜間は春物ジャケット(コート)必要

です。長袖Tシャツ着てても風が冷たく、時折寒さを感じました。(歩き続ければ暖かくなるけど)

半袖で歩ける札幌市民の寒さ耐性レベルが異常なのか、ただ自分が寒がりだけなのかは不明。

関東より南の地域から札幌へ観光を予定されている方は「春物コート、ジャケット」持参をおすすめいたします。

ここ数日、6月入ってから雨&曇り空と気温の低い日が続いています。なんか5月より寒くなっている感じ。

札幌市の5月の体感気温と服装